ポメラニアンの無駄吠えのしつけ方のポイントをいくつかお伝えしております。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えについて

ポメラニアンのしつけ専門サイト

無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶわんちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

とてもかわいらしく、フワフワした毛も愛想のよいポメラニアンですが、やはりしつけはしっかりこなさなければなりません。

例えば、無駄吠えや噛み癖などについても、ポメラニアンは比較的多いと言われていますので、他の犬種にも増して注意が必要です。

無駄吠えはポメラニアンにとって、警戒心の表れである場合が多いです。また、番犬にも適していると言われているポメラニアンですから、警戒心がかなり強めで、一度吠え出すと止まらなくなってしまうこともあります。

特にキャンキャンとした甲高い声が特徴ですので、近所迷惑になる可能性も大です。まず、警戒心は飼い主を守ろうとする気持ちの表れでもありますので、あまり強く叱りつけるのもよくありません。

不審者が来たから勇敢に立ち向かおうとする気持ちはやはり悪いものではありませんので、警戒心の出ている状況ではなだめておいて、他のシーンでしっかり注意するのがコツです。

他には恐怖心が出ていたり、飼い主に遊んで欲しいとき、フードを食べたい時などにもよく吠えます。このような状況をできるだけ早く察知して対処するのがコツです。

フードであればすぐには与えないことにして注意を促し、無駄吠えをしっかり止めたら、褒めながらフードを与えたり、恐怖心が見えている場合は抱き上げてなだめたり、笑いかけて安心感を与えてあげるのもよい方法です。

1回や2回の注意では完全に治ることはほとんどありませんが、しつけをタイミングよくできるように慣れていって、適切な対処ができることが理想です。叱る場合にはポメラニアンに対して愛情を適度に示し、主従関係についても意識させながら叱ることも大切です。

また叱りすぎると、ポメラニアンはストレスを溜めやすくなりますので、バランスがとても大事になってきます。もし、あなたがポメラニアンのしつけに悩んでいるのであれば、当サイトでは、遠藤和博先生の教材をお薦めしております。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにポメラニアンのしつけで困っていた、10000人以上の飼い主さん達が遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもおりこうなポメラニアンにすることに成功しています。

ですので、きっと遠藤先生のしつけ法があなたのポメラニアンをとてもいい子なワンちゃんにするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。