ポメラニアンの噛み癖のしつけ方はあるコツさえ掴めば誰でもできるようになります。

TOP > 関連ページ > 噛み癖について

ポメラニアンのしつけ専門サイト

噛み癖のしつけ方

ポメラニアンを飼っている、飼い主さんの多くの悩みとして、ポメラニアンの噛み癖があります。

ポメラニアンは子犬の時から甘噛みをしますが、子犬のうちは噛む力も弱いため、さほど痛くはないですが、成犬になってからはかなり強く噛まれてしまいます。

また、噛み癖の治し方で大切なのは子犬の時からしっかりとしつけることです。ポメラニアンを自宅に連れて来た時から充分に注意して、噛まれたらしっかりと叱りつけ、噛むことは駄目なことと、と覚えさせることが大切です。

また、ポメラニアンの噛み癖が出るタイミングとしては、主にじゃれあっている時や怒っている時、遊んでいる時などに出る場合がほとんどです。

その時々の状況に応じて理由を判断し、適切な効果を発揮させることが肝心です。例えば、遊んでいる時に噛み付いたら叩いたり叱ったりするのではなく、ちょっとのタイミングで手を口に突っ込んだりして、噛むと痛くなることを教えてあげるようにします。

また、噛まれたら特に痛そうな表現をすることもアイディアです。ポメラニアンが自分が噛んだことで飼い主が痛がっていることを知り、反省するようになれば効果アリです。

また、噛み付きにも強度がありますが、ポメラニアンと遊んでいる時に軽めに噛み付くのはコミュニケーションのために良いことです。ただし、遊び終わってもしつこく噛む姿勢を出す場合はやはりダメッ!としっかりしつけることが大事です。

とにかく基本はポメラニアンが噛むことをできるだけ早い時期から治してあげることです。叱り方も中途半端だと勘違いしてまたすぐにじゃれ出してしまいます。

成長するにつれてどんどんお手上げ状態になっていきますので、ゲージやサークルに入れて叱り付け、30分程度は無視した状態で我慢させるのもよい方法です。

噛み癖は愛するポメラニアンがよい犬になるかダメな犬になるかの大きな分かれ目です。飼い主としては特に慎重に対応することが大切です。

もしあなたが、愛犬であるポメラニアンの噛み癖で悩んでいるのであれば、遠藤和博先生のしつけ法を実践されることをお薦めします。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本で有名なドックトレーナです。

また、あなたと同じようにポメラニアンの噛み癖で悩んでいた飼い主さん達、10000人以上が、遠藤先生のしつけ法を実践したことによって、短期間で噛み癖を止めさせることに成功しています。

ですので、あなたのポメラニアンも遠藤先生のやり方を実践すれば、短期間で噛み癖を止めさせることできるようになりますので、今すぐ下記より詳細をチェックし、遠藤先生のしつけ法を実践されることをお薦め致します。