ポメラニアンの病気について詳しくお伝えしております。

TOP > 関連ページ > 病気について

ポメラニアンのしつけ専門サイト

病気について

犬をペットとして飼う限り、一緒に生活する中で怪我や病気はある程度は避けられないものです。

もちろん適切なケアをしておけば避けることも可能ですが、犬がどのような病気になりやすいのかをまず知っておくことが大切です。

ポメラニアンの場合は、まず膝の病気として「膝蓋骨脱臼」が考えられます。

ポメラニアンはとても活発なところがありますので、特に子犬の時から激しい運動をさせてしまうと、運動器系のダメージが起こりやすくなります。

膝蓋骨脱臼は膝関節が脱臼した状態ですので、できるだけ早い時期に病院で治療を受けることが大切です。また脱臼の他には骨折も危険です。子犬の時期に家中で高いところから飛び降りたりすると、意外に簡単に折れてしまいます。

また、ポメラニアンは心臓が余り強くありません。遺伝的な原因もありますが、他にはストレス、そして食事のバランスの悪化なども影響しますので、心臓については定期的に病院で診断を受けるようにしてあげてください。

他に見分けにくいのが嘔吐です。ポメラニアンは散歩中に草を食べたりしてからすぐに吐いてしまうことがよくありますが、この場合は胃の中を洗浄していると考えられます。

しかし、一度だけではなく、1日に何度も吐いてしまう場合は胃の病気を始め様々な原因が考えれられます。また吐いたものに血が混ざっていたり、吐き方もかなり苦しそうだった場合、出来るだけ早く獣医に診せるようにしてください。

また、癲癇(てんかん)は痙攣のように体が震えてしまう病気です。癲癇を起こすとポメラニアンは筋肉をコントロールできなくなることがほとんどですので、癲癇の疑いがあったら、これもすぐに獣医に診せることが大切です。

他には熱射病による痙攣の場合もありますが、これを防ぐにはすぐにでも冷却してあげられるように、散歩中はアイスノンなどを常備しておくのが理想です。

また主に室内の環境に依存するのが脱毛症です。被毛が多いポメラニアンですが、ノミやホルモンの異常によるものも考えられますので、かわいらしい被毛が無くなってしまっては大変です。まず病院での的確な診断が必要となります。

このようにポメラニアンは色々とかかりやすい病気があります。やはり、飼い主にとっては愛する愛犬が病気にかかってしまってはとても心配になります。

そうならないためにも、飼い主のあなたがポメラニアンに対する正しい知識や飼い方などをしっかりと学んでおけば、焦らずに対処することができるようになります。

もし、ポメラニアンに対する正しい知識や飼い方、しつけ方法などを知らないというのであれば、遠藤和博先生の教材で一度、しっかりと勉強されることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、優秀なドックトレーナーです。

遠藤先生の教材をあなたがしっかりと勉強し習得すれば、今後一切、ポメラニアンのことで悩むことはなくなります。遠藤先生の教材の詳細は下記より確認することができますので、今すぐチェックして、1日も早く勉強することをお薦め致します。