ポメラニアンを購入するときの選び方と注意点について色々とお話ししております。

TOP > 関連ページ > 選び方と注意点

ポメラニアンのしつけ専門サイト

購入時の選び方と注意点

ポメラニアンの子犬選びは、飼う方にとってとても大切なポイントです。

長い間、一緒に暮らしていく中で、お互いに幸せな生活ができるように意識することが大切です。


ポメラニアンにはその毛色以外に種類として分け方はありません。また、顔の形としては2つに分けることができます。

キツネ顔とタヌキ顔ですが、目から鼻の付け根にかけての長さの違いによるものです。長ければ顔も長く見え、キツネ系だと判断できますが、短い場合はタヌキのような感じでまとまります。

他には大きさですが、親犬の状態、サイズがわかれば選びやすくなります。また親犬のことはやはりブリーダーに聞くのが妥当です。

信頼できるブリーダーを見つけて、色々な詳しい情報を得ることができるのが理想です。飼っている場所に何度も訪問できたり、色々と相談にも乗ってくれると思います。

飼う方が何を大事なポイントと思っているのか、例えば性格だったり顔の形、かわいいければよし、性別や、毛色ももちろんありますし、予算に合わせた購入も考えなければなりません。

また、ポメラニアンの健康面のチェックも一通り自分でできることが望ましいと言えます。目やにが多かったり涙が多めだったりすると、目に異常があることがありますし、鼻水が出ているとアレルギーの心配もあります。

また、ポメラニアンの口臭が酷い場合、歯周病等の口の病気にかかる可能性が大です。また、よく見落としがちなのがポメラニアンの体格です。

脚の長さが長短のバランスがとれているか、痩せすぎていないかなど、基本的にポメラニアンはコロコロしていて重量感もあるタイプです。

肋骨がゴツゴツしすぎていないようなタイプが妥当で、肋骨がわからないような場合も肥満傾向が強いと言えます。また、室内犬として人気のあるのが小振りなサイズのポメラニアンです。

このことでブリーダーもフードを少なくして体重を意図的に減らしているケースも考えられます。理想のタイプであり、健康で、性格のよい子、拍手すれば寄ってきたり、抱き上げて喜んでいるようなタイプを選べればまず問題ないと言えます。