ポメラニアンのシャンプーは月に1~2回程度が理想です。

TOP > 関連ページ > シャンプーについて

ポメラニアンのしつけ専門サイト

シャンプーのやり方

ポメラニアンはご飯もそうですし、飲み物などでもよく被毛を汚しがちですので、定期的にシャンプーをして綺麗にしてあげることが大切です。

ポメラニアンの場合は月に1回程度でも構いません。あまり多いと皮膚病になってしまいますので、注意してください。

また、シャンプー自体もポメラニアンの皮膚に合わないものを選ばないように注意しなければなりません。犬専用のものであれば大丈夫ですが、人間と同じものを使用することは厳禁です。

また、湯加減にも注意が必要です。38度~40度位のぬるま湯にして、足先のほうからゆっくりと湿らせていきます。お尻は肛門を絞るようにしながらシャワーで濡らし、充分に綺麗にしてから頭のほうにお湯をかけていきます。

この時、耳や目には水が入らないように注意し、きれいに洗っていきます。そして、浴室から出たらすぐにドライヤーで乾かすようにします。

また、シャンプーが多すぎると被毛の油分が減ってしまい、綺麗な毛が台無しになってしまうこともありますので注意してください。また、夏場の暑い時期は毛が抜けやすくなりますので、月に2回ぐらいでもいいかもしれません。

そして、ポメラニアンの中には水を浴びることがとても苦手な子もいます。犬といえば犬掻きというぐらいですから、水浴びは習性的に慣れっ子かと思えばそうではありません。

その場合、過去に水で恐い経験をしてきている場合も考えられます。ポメラニアンが暴れながら水をバシャバシャかけられているような場合は要注意です。なかなか取り合ってくれなくて無駄吠えしてしまったら大変です。

その場合、買い付けたブリーダーに相談をしたり、ペットショップなどでどのようなやり方をしているか、教えてももらうことが必要です。

もし、あなたの愛犬がシャンプーの度に暴れてしまったり、すぐに浴室から逃げ出してしまう場合は、一度、遠藤和博先生のしつけ法を学んでみることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、今までにシャンプーが出来なくて困っていた、ポメラニアンの飼い主さん10000人以上に指導し、ほとんどのポメラニアンをいい子にさせることに成功されております。

ですので、遠藤先生のしつけ法をあなたが学べば、何でも言うことを聞くポメラニアンに生まれ変わらすことができますので、ぜひ一度、遠藤先生のやり方を学んでみてください。詳細は下記より確認することができます。