ポメラニアンのトイレのしつけ方で悩んでいる方はこちらを参考にしてください。

TOP > 関連ページ > トイレについて

ポメラニアンのしつけ専門サイト

トイレのしつけ方

ポメラニアンのしつけの中でも難度が高いのがトイレですが、しっかりとしつけておかないと、後々困ることになります。

突然どこか変なところで粗相をされたら片付けにも困りますし、その後、どこでまた粗相をするかわかったものではありません。


まず、ポメラニアンを連れて来てからできるだけ早めに、トイレについてしつけるのが一番覚えてくれる方法です。ポメラニアンは人間と同じで、寝起きによくトイレに行きたがりますので、朝起きたかと思ったらすぐにトイレを促してあげると覚えやすくなります。

また、声をかけながら設置した場所に連れて行き、その場でしっかりできるかどうかを確認して、上手く出来たらしっかり褒めてあげることも大切です。

また、大袈裟なほど褒めてあげると印象に残りやすくて効果も大です。また場所がちょっとずれてしまったりしたら、サポートしてあげたり、かなり違う場所で用をしてしまった場合、きつくない程度に叱ってあげることです。

叩いたり、怒る度合いが強いとポメラニアンはおしっこがいけないことだと勘違いしたままになり、おしっこなどを我慢するようになってしまい、そのうち病気になってしまうことがありますので、注意してください。

またよくあるのが、じゅうたんやカーペットなどに撒き散らしてしまうパターンです。ポメラニアンにとって、じゅうたんやカーペットはおしっこを吸い取ってくれるとても便利な床に見えがちですので、用を足してしまいそうな場所に水やフードを置いておくとしなくなります。

これはポメラニアンの習性を上手く利用するやり方で、食べるところと用を足すところをしっかり区別する性質を応用する方法です。他にはフローリングのような感じの滑りにくい床を設置するなども効果があります。

じゅうたんやカーペットなどにされてしてしまうと、本当に困ります。雑巾などで処理してもニオイが完全に消えるわけでもありませんし、そのことで飼い主さんがストレスが溜まるのもよくありません。

トイレはポメラニアンのしつけの中でも特に大切です。もしあなたが、ポメラニアンのトイレのしつけで悩んでいるのであれば、遠藤和博先生のやり方を学ぶことをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにトイレのしつけで悩まれていた、ポメラニアンを飼っている飼い主さん、10000人以上が遠藤先生のやり方を学んだところ、ほぼ全員がポメラニアンのしつけに短期間で成功されています。

ですので、あなたのポメラニアンも遠藤先生のやり方をしっかりと実践すれば、短期間でトイレがしっかりとできるおりこうなポメラニアンに生まれ変わることができるようになります。

遠藤先生のしつけ教材の詳細は下記より確認することができますので、今すぐチェックし、手遅れにならないうちに1日も早く実践されることをお薦め致します。